レビューとあなたのビジネスについて:開発途上のレビュー戦略

今こそレビュー戦略とレビューが求められている場所はどこかを考えるいい機会です。

Googleレビューに注力するべきなのでしょうか?
それともGoogleに代わるものがあるのでしょうか?
もし代わるものがあるなら、それはどんな役割をするでしょうか?

この数ヶ月間はイベントが目白押しでした、中にはレビューに敏感な人々が一定数いる為、様々なレビューがあることで、レビューとしての役割を担うことができます。

林業や農業では、広大な土地に単一の作物を栽培することで、一時的には「生産性」を高めることができます。しかし、最終的には病気や干ばつ、土壌の枯渇が起こり、大規模なシステムの崩壊につながります。

多様な樹木や作物を栽培することで、さまざまな結果が得られ、土壌の管理が楽になり、作物が病気に見舞われた場合でも生き続けることができます。

レビュー戦略を立てる際の注意点

先程の農業の例は、レビューについて同じように考えるための重要な比喩表現です。

様々なレビューとレビュー戦術を持つことで、あらゆるシステムで発生する避けられないショックからビジネスをより適切に保護することができます。
レビューサイトとレビュー目的の両方の多様性は、最も長期的な価値を提供し、ストレスもなく、何か問題が発生しても簡単に修正することができます。
各レビューサイトとそのサイト内のレビューは、あなたのビジネスに最大の利益をもたらし、そして信頼できるレビューの構築に役立つ様々な価値を提供します。

Facebookは一種の会話の場です

Facebook Is The Conversation

Facebook は、ローカルレビューの分野で確固たる地位を築いているわけではありませんが、最近はかなりの会話が行われている場所であり、多くの会話をみることができます。このような時代には、ユーザーや消費者がサイトやその他のソーシャルメディア(SNS)に押し寄せます。 

Facebookのレコメンデーションが提供する興味深い価値は、他の消費者と会話ができる数少ない第三者レビューサイトであることです。Googleでは、消費者が質問し、あなたが答えればそれで会話は終わります。 

Facebook では、レビューをきっかけに広範囲にわたるやり取りができます。この機会にお客様のことをもっと知り、お客様との関係を深めることができます。同様に、重要なことは顧客や他の人があなたのビジネスやアプローチについてもっと知ることができる点です。Facebookはあなたが世界中の人々と関わり、その関わりを共有することのできる場所です。 

 

自社レビュー:あなた自身がレビューを運営し、レビューを頼りにしないこと

耕作地を借りることがうまくいくことはほとんどないように、Googleのような企業からプラットフォームを借りることは、何度も経験してきたように危険な道であると言えます。Googleはウェブサイト全てを管理しているため、あなたのビジネスをどのように見せ、どのように扱うかについて多くのことを管理します。

そのため、マーケティングの世界では、「デジタル資産は借りるよりも所有する方が良い」とよく言われます。それは、レビューのような資産を最大限に管理できるという意味で所有した方が良いのです。

 

レビュー管理は、独自の自社レビューを収集することが理にかなっていることを証明する理由の1つにすぎません。ユーザーは、Googleのような一般のレビューサイトにフィードバックを提供するよりも、10倍の差をつけてお店のウェブサイトなどに直接フィードバックを提供することを望んでいます。これは、顧客エンゲージメントとレビュー量の増加にも直結します。

Facebookのように、顧客と広範囲に渡るやり取りができますが、やり取りを公開するか非公開にするか選択することができます。これは、顧客を引き付けるための優れた方法であるだけでなく、悪質なレビューを公共の場でわざわざさらすような事態を避け、時折発生する問題を解決するための優れた方法にもなります。 

 

Google、Yelp、その他のレビューは、星5つと星1つのレビューに偏る傾向があります。お店への直接フィードバックと独自の自社レビューは正確なレビューで、実際のサービスと満足度をよりよく反映する傾向があります。それらのレビューは、あなたのビジネスを同じ業界の他社と客観的に比較する要素にもなります。 

また、他のオンライン上で確認できるレビューよりも、自社の強みと弱みの両方をバランスよく評価してくれます。レビューの量が増え、偏りが少なくなることで、ビジネスのどの領域を改善する必要があるかについて知るのに役立ちます。

 

お客様からビジネスインテリジェンスを引き出す楽しみを、なぜレビューサイトがすべて担う必要があるのでしょうか?
ファーストパーティのレビューは、あなたのビジネスでは何ができて、何ができないのか。そのインテリジェンスを引き出すことができる十分なデータを与えてくれるものです。

ユーザーが生成した大量のコンテンツを直接制御する場合にも同様にレビューは重要です。
そのコンテンツを使用してサービス、製品、およびユーザーのページに関連性の高く、社会に基づいたコンテンツを掲載することができます。
新鮮かつ動的なウェブコンテンツを生成することは、ローカルビジネスが直面する最も困難な課題の1つでありますが、お客様から継続的に新鮮なレビューコンテンツを得ることで、その問題を解決することができます。

 

専門レビューサイト

ボリュームの少ないニッチなサイトは、少なくとも数件のレビューを依頼するのに最適な場所です。
一般的に、これらのサイトには購買意欲の高い顧客が集まり、Googleでのブランド検索でレビューが上位に表示される可能性があります
信頼性が高く、焦点を絞った分かりやすいサイトは、Googleの全体的で一貫した品質を伝えるという彼らの理念と一致します。

 

一部の業種では、これらの専門サイトがコンバージョンの大部分を占める可能性があります。たとえば、Houzz(建築、インテリアデザイン、装飾、ランドスケープデザイン 、家の修繕に関するウェブサイトおよびオンラインコミュニティ)は建設現場でデジタルコンバージョンの25%を占めることもあります。

 

Googleはこれらの業界固有のサイトを調べ、レビューがある場合は上位にランク付けし、ビジネスをよりよく理解するために利用しています。このようなサイトをGoogleレビューに含めることで、強いブランド力を持つことができます。

 

サイトがGoogleに表示されても、顧客にあまり興味を持ってもらえない場合は、毎年いくつかのレビューを取得するようにしてください。そのサイトが実際の顧客を届けてくれる場合、レビューの取り組みはコンバージョンと同等である必要があります。これは明らかにデジタルコンバージョンを追跡していることを前提としていますが、売上の25%がHouzzからの場合、少なくともその25%分のレビュー作業をHouzzに費やすべきです。

pasted image 0

pasted image review

 

採用レビューサイト

IndeedやGlassdoorのような雇用のレビューサイトは、現在または過去に働いていた従業員が、あなたの会社で働くことについてどのように感じているかを示しています。これらのレビューは、消費者の評判と採用の両方に影響を与える可能性があります。これらはGoogleで上位に表示される可能性が高いため、評判を改善し、維持するために活用することが重要です。

techstyle fashion group

地域とローカルのレビューサイト

大事なことを言い残していましたが、さまざまな業界のレビューは、特定の地域やその業種によって全く異なります。たとえば、Better Business Bureau(アメリカおよびカナダの商事改善協会)は、アメリカ南部の住宅業界に強いです。田舎の市場では、YP.com(米国に拠点を置くウェブサイト)は高い認知度と信頼を得ています。

これらのサイトは多くの顧客獲得につながる可能性は低いですが、サイト内の数少ないレビューでも、Googleのメインの検索結果に表示される可能性があります。つまり、これらのサイトでいくつかの良いレビューを持つことは、あなたの全体的な評価や評判、ブランドストーリーと一致している場合、検索者の信頼を高めることができます。

al lemon service

Googleとレビューエコシステム

GoogleとGoogleレビューは、ほとんどの人の頭の中にあると思いますGoogleは圧倒的な存在感を示していますが、そのGoogleでさえレビューはエコシステム内に存在すると考えており、GoogleのレビューとWEB上の他の場所にあるレビューをほとんど区別していません。
彼らは明らかにあなたのビジネスをよりよく理解し、ランク付けするためにあらゆる場所で見つけることのできたどのレビューをも活用します。
あなたと同じように、彼らも成功のために代替となるレビューデータを必要としているのです。

Googleで競合他社と同等かそれ以上のレビューを獲得したら、ビジネスのためのより強固なレビュー戦略へと思考を広げるべき時が来ています。

 

今日から何を始めるべきですか?

評価から始めましょう

あなたのウェブサイトのコンテンツは新しく、Googleに最新の情報を提供し、訪問者に適切な社会的証明を示していますか?

Googleでブランド検索を行います。
あなたのGoogleレビューは最新ですか?
あなたのブランドの検索結果は、WEB全体からのレビューを受け付け、オーガニック検索結果に豊富なスニペットスターを付けることで、Googleだけでなくあなたの評判について説得力のあるストーリーを示すことができていますか?
ブランド検索にはレビューの星を持つ可能性のある代替レビューサイトが表示されていますか?

競合他社のレビューを確認してください。
競合他社はGoogleであなたよりもレビューがありますか?
その他のウェブからのレビューはどうですか?

販売後、顧客とどのようにやり取りしていますか?
フィードバックやレビューに返信していますか?
顧客を引き付けていますか?

販売後の顧客とどのようなやり取りをしたいですか? 

 

計画を立てる

Google は、あらゆるレビュー計画の中で重要な位置を占めています。
しかし、レビューを受け付けていない場合や、競合他社よりもはるかに多くのレビューがある場合は、間違いなくGoogle以外の選択肢も追加するべきです。

次の選択肢としてFacebookが挙げられます。
マーケティングには「顧客がいる場所に行け」という格言がありますが、現在、顧客が集まる場所がFacebookです。
そのため、Googleがレビューを受け付けていない場合、Facebookを使用すべきだと理解できるでしょう。
これはすでにFacebookで活動している場合に特に当てはまりますが、Facebookを活動していない場合はなおさらです。 

Googleがレビューを受け付けているかどうか、またはFacebookでやり取りをしているかどうかに関係なく、独自のレビューを追加することは、多くの企業にとって正しい選択です。Facebookであまり活動していない場合に特に当てはまります。 

最後に、ブランドストーリーを構築するのに役立つバーティカルサイトやローカルサイトをいくつか選び、それらを織り交ぜるのも堅実な戦術です。これらのサイトでは、評判が悪い場合を除いて、年に数回以上の掲載をお願いしていますが、わずかなレビューさえあれば、Google検索結果で多くのブランド認知を得ることができます。

 

未来に向けて

全てのものに未来があり、遅かれ早かれそれはやってきます。
レビューと評判は、ビジネスの全期間にわたって見る必要がある長期的なプロジェクトです。かなりの時間をかけ、あなたのレビュー戦略を管理する必要があることを示しています。

レビューは将来的に重要な役割を果たすことになりますが、今から戦略を多様化することで、そのエコシステムの中でより強固な地位を築くことができるでしょう。
あなたのビジネスの先駆者として、レビューの重要性を再認識し、未来に起こりうる嵐を乗り切るための持続可能な長期戦略を構築しましょう。

 

レビュー管理をはじめ、Googleマイビジネスを一括管理できるツール「ローカルミエルカ」のご紹介

本ブログの運営会社であるFaber Company提供するローカルミエルカ は、Googleマイビジネスの集客、情報管理を支援するサービスです。

①1,200社にご利用いただいている「Mieruca(ミエルカ)」の姉妹サービス

SEOやコンテンツマーケティングの支援ツールとして、多くの企業にご導入いただいているミエルカの姉妹サービス。課題解決のノウハウを、ローカルミエルカでもご提供します。

②複数店舗のGoogleマイビジネスを一括で管理

ローカルミエルカでは、複数店舗の一括投稿やお店ごとのレビュー数、評価、コメントの返信率、アクセス数などを一元管理できるダッシュボード機能も搭載。
また、コロナウイルス最新情報の一括更新も可能。

③ローカルSEO検索の順位を自動モニタリング

週1回の完全自動更新で、SEOの検索キーワード順位を集計することができます。Googleマイビジネスで取り組んだ施策が、どのように集客につながったか定量的にモニタリングすることができます。

 

この記事は許可を得て翻訳しています。

元記事は、GatherUp – Get Online Reviews & Customer Feedback で公開されたReviews & Your Business: Developing Your Review Strategyです。