ローカル検索とは?定義とローカル検索広告の設定方法も解説【基本編】

ローカル検索とは、特定地域ごとの検索結果が表示される仕組みのことです。簡単に言えば「東京 カフェ」と検索すれば周辺のカフェ店が表示されるということ。

ここでは、そんなローカル検索の基本と、ローカル検索広告について解説します。

ローカル検索とは?

ローカル検索とは、特定の地域や場所に関連する検索キーワードに対して、それに適した検索結果を表示させることを指します(ローカル検索結果)。

検索したユーザーの位置情報などを元に、Googleの検索結果に反映させるため、東京と北海道では検索結果が異なるのはもちろん、同じ都道府県の異なる地域から検索した場合にも表示内容が変わることがあります。

このローカル検索に関するアルゴリズムは、「ヴェニスアップデート」などとローカルSEOの世界で呼ばれ、GoogleがGoogleマイビジネスに力を入れ始めたここ最近では、SEOにおいてとても高い注目を集めています。

 

ローカル検索順位を決める3要素

ローカル検索における3つの要素として、Googleは公式に以下のような言葉で表現しています。

ユーザー検索ワードとの関連性

関連性とは、ユーザーの検索がローカルリスティングとどの程度一致しているかを示します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングとユーザーの検索語句との関連性を高めることができます。”

ユーザーが検索したキーワードに合致すればするほど、上位表示される可能性が高まります。ユーザーが検索するであろうキーワードを推測しながら、そのキーワードに紐付いた情報をGMBで登録しておくことが重要です。

検索している地点からの距離

距離とは、検索語句で指定された場所から各ビジネス所在地までの距離によって計算されます。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。”

「赤坂」など、キーワードで指定された地名からの距離もローカルSEOでは重要なポイントの1つです。あなたの店舗・施設の近くにいるユーザーにアプローチをするためにも、GMBで適切な住所を登録しておきましょう。

ビジネスの知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを示します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。”

知名度は、ウェブ上での知名度はもちろん、インターネット以外での知名度も加味されているようです。インターネット以外での知名度を高めるためには、ローカルSEOとは関係なく、有名店・施設になるための幅広い施策が有効になるはずです。

また、ウェブ上の知名度は、Googleによると「リンク」「紹介された記事」などで話題になっていることや、Google でのクチコミ数とスコア(平均の星の数)、そしてウェブ検索での順位によって判断されます。

 

ローカル検索の表示順位を知る方法

ローカル検索の順位を調べるのは簡単そうで、実は面倒です。現在地とお店が離れている場合や離れた地域に店舗を展開している場合など、実質的には難しい場合が多いです。ここでは、2つの方法で調べる方法をご紹介します。

①Google広告を使って調べる

Google広告のアカウントを取得(登録は無料)していれば、以下の手順で検索結果プレビューを表示することができます。

「ツールを設定」>「広告プレビューと診断」
ローカル検索

検索語句と、調べたい地域を入力(例:キーワード:小児科、地域:新宿区,東京)
ローカル検索

表示結果をプレビューで確認する


②ローカル検索のSEOツールを使って調べる

本ブログの運営会社であるFaber Company提供するローカルミエルカを使って検索結果のプレビューを表示することができます。

ローカルミエルカの無料トライアルへ申込
ローカルミエルカ ローカルSEO/Googleマイビジネスの管理ツール

ログイン後、「SEO改善」>「地域を指定した検索プレビュー」を選択
ローカルミエルカ

地域を登録して、キーワードを入力(例:キーワード:ラーメン、地域:赤坂,東京)
ローカルミエルカ

ローカル検索で自社の広告を表示

ローカル検索の表示箇所であるローカルパックには、Google広告の管理画面から広告を出稿することができます。ローカル検索の広告は、Google検索の中でも最上位に位置することが多く、ユーザーの目に留まる可能性が高くなります。

①店舗情報をGoogleマイビジネスに登録しよう

この記事を読んでいる多くの読者には不要かもしれませんが、ローカル検索においてGoogleマイビジネス登録は必須です。オーナー登録や、基本情報だけでも登録しておきましょう。
Googleマイビジネス

②GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携しよう

以下の画面のように、Google広告の管理画面で、Googleマイビジネスアカウントと紐付けします。
Googleマイビジネス連携

③Google アドワーズの広告表示オプションにて「住所表示オプション」を追加

紐付けが完了したら、「広告表示オプション」から「住所表示オプション」を追加して広告出稿を行います。
住所表示オプションGoogleマイビジネス

まとめ

ローカル検索について理解を深めることはできましたか?Google検索におけるローカルパック表示や、ローカル検索広告への出稿は、店舗型のビジネスにおけるウェブマーケティング戦略において無視することができないほど、日々その存在感が増してきています。


Faber Companyではローカル検索向けSEOツールのローカルミエルカを月額3,980円(税抜)で1店舗からご利用いただくことができます。

自社サイトや、Googleマイビジネスを利用したウェブマーケティングの集客を強化したい店舗事業様はぜひ30日間無料トライアルにお申し込みください。