2021年11月4日、旧Googleマイビジネスのサービス名称がGoogleビジネスプロフィールに変更されることがGoogleから正式発表されました。

本記事では、Googleから発表されている旧Googleマイビジネスからの変更点、今後店舗を持つ企業に影響がでそうな機能アップデートをまとめます。

※本記事では、これまで私たちが使用したいたGoogleマイビジネスを旧Googleマイビジネスと呼称しています。

お知らせ:0円プランリリース!

店舗を持たれている事業者さま向けに、Googleマイビジネス・ローカルSEO(MEO)ツール「ローカルミエルカ」を無料でお使いいただける0円プランをリリースしました。

・どれくらい店舗情報がみられているのか
・マップで検索すると何番目に表示されるのか
・複数の店舗にお店のお得情報を発信したい
などが可能です。

今後は0円プランご利用者向けの限定セミナーなども企画していますので、是非ご登録ください。
お申し込みはこちら

localmieruca-freeacountplan

旧Googleマイビジネスからの変更点

今回、これまで店舗情報を管理していた旧Googleマイビジネスにおける変更点は大きく4点です。

  1. 名称がGoogleマイビジネスからGoogleビジネスプロフィールへ変更
  2. 店舗情報の編集・申請方法が個店とチェーン店(複数店)で変化
    個店:Google検索/マップにて実施
    チェーン店:旧Googleマイビジネスで実施(Google検索/マップで1店舗ごとの変更も可能)
  3. PC版の旧Googleマイビジネスはチェーン店(複数店)向けの管理サービスに変化
  4. スマホのGoogleマイビジネスアプリの廃止(2022年)

旧Googleマイビジネスのサービス名称の変更

これまで、Googleマイビジネスと呼称していた消費者に表示されている店舗情報の名称が「Googleビジネスプロフィール」に変更されます。

しばらくはGoogleマイビジネスとGoogleビジネスプロフィールという言葉が共存することになると思いますが、同じ店舗情報のことと認識して問題ありません。

店舗情報の編集・申請方法が個店とチェーン店(複数店)で変化

これまでは旧Googleマイビジネスで、自身が管理している店舗一覧から修正店舗を指定し店舗情報を修正していましたが、今後はGoogle検索、Googleマップで自身の店舗を検索し、そこから店舗情報を変更することができるようになります。

また、新店舗オープン時もGoogle検索、Googleマップ上からオーナー申請ができるようになるそうです。

画像参照元:ビジネス プロフィールの新たな更新について

こちらの店舗情報の変更方法は、1店舗に対しての変更になります。
1店舗のみの管理であれば、今までもよりも操作が楽になるでしょう。

チェーン店(複数店)を管理されている企業の場合は、1店舗ごとの変更は実運用にそぐわないと思います。
その場合は、旧Googleマイビジネス(※)で引き続き店舗情報の一括変更をすることになります。

※店舗情報を管理していた旧Googleマイビジネスの名称も「ビジネスプロフィールマネージャ」に変更されます。

お知らせ

弊社のローカルミエルカでも店舗情報の一括変更が0円プランで可能です。
0円プランのお申し込みはこちらから。

PC版の旧Googleマイビジネスはチェーン店(複数店)向けの管理サービスに変化

PCでこれまで使用していた旧Googleマイビジネスは「ビジネスプロフィールマネージャ」とサービス名が変更されます。

ややこしいですが、図解するとこんな感じです。

変更前 変更後
店舗情報の管理ツールとしてのGoogleマイビジネス ビジネスプロフィールマネージャ
消費者に見える店舗情報としてのGoogleマイビジネス Googleビジネスプロフィール

どのような機能アップデートがあるかは現時点では好評されていませんが、新しくなるビジネスプロフィールマネージャでは、旧Googleマイビジネスではできなかった、複数のGoogleビジネスプロフィールのパフォーマンス(インプ数・アクション数など)が計測できるようになるものと思われます。

これまではベンダーが提供するサービスを利用するしかなかったインサイト計測がビジネスプロフィールマネージャで計測できるようになるかもしれません。

お知らせ

弊社のローカルミエルカでは、現時点で複数店舗のインサイトの計測が可能です。
今すぐ全店舗のパフォーマンスを確認したいという方は、0円プランにお申し込みください。

スマホのGoogleマイビジネスアプリの廃止(2022年)

スマホ版の旧Googleマイビジネスのアプリは2022年中に廃止されることになります。

こちらは複数店舗ではなく、一店舗ずつの管理に特化したアプリになっていましが、今後はGoogle検索、または、Googleマップ(アプリ)で店舗情報の変更やパフォーマンスの確認ができるようになります。

今後店舗を持たれる事業社に影響がでそうな機能アップデート

次に、旧Googleマイビジネスの変更以外に、Googleから発表された店舗を持たれる事業者へ影響のありそうな機能アップデートをレポートします。

参考記事は以下です。
Connect with local holiday shoppers

注目すべきは以下2つのアップデートです。

  • ・通話履歴の確認(現時点ではアメリカ、カナダのみ):全業種
  • ・在庫ありフィルターの追加:小売業

通話履歴の確認(現時点ではアメリカ、カナダのみ):全業種

まだ日本では導入されていないようですが、アメリカ・カナダではGoogleビジネスプロフィールから顧客からの通話履歴が確認できるようになっています。

携帯電話の画面には、お店の通話履歴が表示されます。 画面の上部には「通話」が表示され、下にはドロップダウンで変更できる期間のボックスが表示されます。 その下には2つの大きな数字があり、1つ目は応答された通話の数(黒で表示)、2つ目は不在着信の数(赤で表示)です。 その下では、呼び出しは発生した最近の順序でリスト形式になっています。 電話番号だけを表示するものもあれば、連絡先名を表示するものもあります。
画像参照元:Connect with local holiday shoppers

顧客情報も合わせて表示されているので、電話への折り返し対応、問い合わせ対応へのパフォーマンスの計測が可能になります。

在庫ありフィルターの追加:小売業

こちらは消費者側のアップデートですが、ローカルパック・Googleマップ上で商品検索をした際に「在庫あり」フィルターをかけられるようになります。

参照元:New ways to find shopping inspiration on Google

こちらもまだ日本では実装されていないようですが、消費者にとっては便利な機能になりそうです。

一方、企業にとっては在庫情報をGoogleビジネスプロフィール上に掲載しておかないと、フィルターで選択肢から除外されてしまう可能性があります。

在庫情報については、アメリカ・カナダではPointyというサービスで在庫情報の掲載が可能になっています。
日本で在庫情報を掲載するためにはGoogle MerchantCenterを利用する必要があります。

国内ではGoogle MerchantCenterを活用して在庫情報をGoogleビジネスプロフィールに掲載しているブランドはあまり多くないように見受けられます。
在庫情報の実装を希望される企業様はお問い合わせからご連絡ください。

まとめ

今回のサービスアップデートによって、個店・チェーン店(複数店)両者にとってより使いやすいサービスになったのではないかと思います。

Googleビジネスプロフィールの機能が充実し、消費者がお店選びでGoogleビジネスプロフィールを見る機会が増えるほど、企業にとっては運用に力を入れて行かなければならなくなります。

当社では、Googleビジネスプロフィールの一括管理だけでなく、消費者により多く店舗情報をみてもらうためにすべきローカルSEOを支援する取り組みも実施しております。

今すぐ解決したいことがある企業様はお問い合わせからご連絡ください。

また、今後の最新情報の動向についてもブログ・Twitterで発信していきますので、まずは情報収集という方は著者のTwitterをフォローいただければと思います。

著者

中本俊一
ローカルミエルカ事業責任者