2か月でGoogleマップ経由の問い合わせ数が、390件→470件に増加!「ミエルカ式のローカルSEO(MEO)支援が成功の秘訣」

 

質屋などを全国約210店舗展開しているFTC株式会社様は、2021年からローカルミエルカを導入。弊社支援のもとローカルSEOを推進した結果、2か月でGoogleマップ経由の問合せが390件から470件へと増加(約2割アップ)させることに成功しました。

短期で成果をあげられた背景には、ミエルカ式のローカルSEO支援がありました。また、同社の渡邊様によると「SEOやローカルSEOなど総合的にデジタル領域をサポートいただけることは大きなメリット」とのこと。取り組み内容やGoogleマイビジネスに注目された背景、メリットなどについて伺いました。

 

※インタビューにお答えいただいた方:かんてい局本部直営店 マネージャー 渡邊 裕基 様

「ローカルSEO(MEO)はSEO同様に資産になる。どちらも支援してくれる会社を探していた」

ーまず、ローカル検索に力を入れ始めた経緯を教えてください。

渡邊様:ローカル検索の存在は以前から知っていましたが、どんな効果があるのかはわかっていませんでした。SEOだと、理屈がわかりやすいじゃないですか。

良いコンテンツを作ればGoogleの検索結果で上位に表示され、サイト流入が増えるという。実際に去年、ミエルカを導入してコンテンツ制作に注力したところ、検索上位に表示されるようになって成果にも繋がっていました。

一方、Googleマップ(マイビジネス)にも対策が必要というのが、いまいちピンとこなくて。Googleマイビジネス上の基本情報の整備や良いクチコミの獲得など利用者の目につく部分だけ力を入れておけばいいのではと思っていたんです。

Faber Companyさんからローカルミエルカの話を聞いた時に、「色々と(ローカルSEOの)やり方があるんだな」と感じ、試しに導入してみようと思ったんです。

 

ー効果があるかわからない状態で、ローカルSEO施策を強化しようと思われた決め手はなんだったのでしょうか。

渡邊様:当時、Googleマイビジネスの広告を見かけることが多く、「Googleがマップに力を入れているなら、何かあるのかも」と感じました。

それに、他社でGoogleマイビジネスに力を入れているところがまだ少なかったんです。早めに対策しておいて、今後大きな集客チャネルになったとしたら自然と勝てるじゃないですか。

弊社では昔、SEOに乗り遅れてしまったという苦い経験があるので、ここは前乗りしておこうと思いました。

もし効果がなかったとしても、大して費用がかかるわけではないですし、やっておいて損はない。SEOもYouTubeも、作ったコンテンツは無駄にはならないと思うんですよ。ローカルSEOもその一環という感覚ですね。

Googleマイビジネスは、自分たちが動かなくても24時間集客してくれますし、クチコミなどの情報はずっと残る資産になる。活用しない手はないと思いました。

 

ーSEOやコンテンツマーケティングを推進するために弊社の「ミエルカ」を2020年からご導入いただいています。その点がローカルミエルカ導入の決め手になりましたか?

渡邊様:決め手の一つですね。「ミエルカ」を導入したことで、SEOやコンテンツマーケティングは大きく進展し、成果にも繋がっています(事例はコチラ)。

ただツールを入れて終わりではなく、それぞれのWeb領域の専門家の方々がサポートをいただける点にメリットを感じていましたし、信頼感が生まれました

今回ローカルSEOを推進していくにあたって、SEOとローカルSEOのどちらもサポートいただける会社を探していましたし、ミエルカの導入経験から恐らくローカルSEOの専門家によるご支援が期待できると予想したので導入を決めました。

 

地域密着型のビジネスこそローカルSEO施策が有効

かんてい局本部直営店 マネージャー 渡邊 裕基 様

 

ー他にもローカルSEOやGoogleマイビジネス一括管理のツールやコンサルティング会社がある中、ローカルミエルカを選んでいただいた理由を教えてください。

渡邊様:ローカルSEO施策について、理屈が通った説明をしてくれたのがローカルミエルカだけだったんです。他の会社さんにも色々と説明を聞いたのですが、再現性を感じることができず、うちでは無理だろうな…と思ってしまいました。

しかし、Faber Companyさんの提案はかなり具体的かつ現実的で、小手先のテクニックでなく本質的な部分まで理解して支援してくれそうだと思えたんです。それがローカルミエルカを選んだ一番の理由です。

 

ー御社の場合、Web検索では「名古屋 時計買取」といったワードで調べる人が多いのでしょうか。

渡邊様:「地域名+買取」で検索される方はけっこう多いですね。その時に、マップの検索上位にうちの店舗が上がってくることが重要なんです。マップからの流入は、SEOよりも競合店が少ないため、コンバージョンしやすい。

全国的に幅広く使えるSEOと比べ、マップで集客できる範囲は狭く、店舗の半径数km以内です。しかし我々は店舗型のビジネスなので、来店してもらわないことには始まりません。

また買取の場合も、お客様は店に現物を持っていく必要がありますよね。現物を宅配で送るよりも直接話を聞きたいという方が多いんです。

なので、多くのお客さまは近所の店舗を検索する傾向があります。Googleマイビジネスは地域特化型媒体ですから、そういうお客様に対して効果を発揮するんですよ。

他に地域商圏で有効な集客媒体というと、折り込みチラシぐらいじゃないですかね。でも、チラシはターゲットを絞ることができません。

Googleマイビジネスなら、お客様が自ら検索し、マップを通して店舗を見つけてくれます。チラシが無駄ということではなくて、組合せていくことでより集客力が増していくと思います。

 

「Googleマップから流入したお客様は温度感が高い。ミエルカ式のローカルSEO支援で、成長を実感中」

ーローカルミエルカの導入後、どんな変化がありましたか。

渡邊様:2021年1月末に導入し、Googleマイビジネスの更新を毎日実施した結果、3月に入って問合せの電話が増えました。マップからの電話問合せが、2月は全店舗合わせて390件だったのに対し、3月は469件

更新回数に比例して、インプレッションが伸びたんだと思います。買い取りの平均単価も、2月と比べて3月は5,000円ぐらい増えていますね。

 

ーマップで検索してきてくれるお客様の温度感が高い、ということでしょうか。

渡邊様:そうですね。地図で検索してお店までの経路などを調べる人は、お店に行きたい気持ちがあると思いますし。

また、Googleマイビジネスの「最新情報」に自社ブログのURLを貼ったら、Webサイトでのコンバージョン率もアップしました。思ったよりクリックする人が多くて、驚きましたね。

そういう記事を求めていた人はいたのに、SEOの中で埋もれてたどり着けていなったんだなと。マップは、SNS的な使い方もできると思いました。

 

ー最新情報の更新以外だと、クチコミの返信などもされているのでしょうか。

渡邊様:返信は以前からしていました。ローカルミエルカを導入するまでは「クチコミ=顧客満足度」と単純に考えていたんです。クチコミの内容が検索結果へ大きな影響を与えていることに気づいてなかった。

あのまま何も考えずにクチコミを集めて続けていたら、時間を無駄にしていたと思います。早めに知識が得られてよかったですね。今は毎週の会議で、クチコミの返信漏れがないかチェックしています。

ただ、「クチコミ獲得〇件」という目標は立てていないんですよ。目標に達したことで満足して、施策をやめてしまうとよくないですし。

トータルの件数よりも、コンスタントに増えていく方がいいので、毎月10~20件は常にクチコミをもらえるようにしたいと考えています。

 

ーローカルミエルカの導入にメリットを感じますか?

渡邊様:感じますね。小手先で終わらない本質的なローカルSEO対策が実現できると考えています。SEOもそうだと思うのですが、小手先のテクニック的なものが非常に多く存在しています。

しかし、FaberCompanyさんはそうではない。ユーザーやマーケットを起点にして、SEOを捉えられています。

ローカルSEOもそれと同じでテクニックに走らず、どうしたらマップユーザーのためになるか?を考えて、施策を推進されているように見受けられます。調べたら他で出てくるような対策だけでなく、弊社に合わせた施策もご提案いただいているので非常に有難いです。今後もサポートに期待しています。

 

ーローカルミエルカを導入して、手応えを感じていますか。

渡邊様:まだ導入して2か月なので何とも言えないですが、数字だけ見ると、効果は出ています。

Googleマイビジネス内のアクションが増えることは予想できましたけど、そこからWebサイトに流入してコンバージョンが増えたことは驚きでした。このまま成果が上がり続けていけば、ローカルSEOの効果がより明確になると思います。

さらに成果をあげていくため、インサイト分析や口コミ獲得などを通じてGMB活用を進めていきたいですし、ローカルミエルカのご支援に期待しています。

 

担当CS(カスタマーサポート) 中本 俊一 より

(経歴:Faber Companyに入社後、累計200社以上のWebマーケティング、Googleマイビジネス活用支援に従事。現在はローカルミエルカの事業責任者としてチェーン店舗向けの店舗情報管理ツールの開発などを担当している)

「質屋かんてい局」フランチャイズ店舗が多い質屋ブランドです。Googleマイビジネスの有効性を感じていても、フランチャイズ店舗の各オーナー様に有効性を理解してもらい行動してもらうためには実績が必要でした。

そこで、まずは直営店のみでローカルSEOを実践してみようということで取り組みがスタートしました。

もともと、店舗スタッフ様がGoogleマイビジネスで最新情報の投稿、商品の登録、口コミ返信などを実施していたので、非常に早いスピードでローカルSEO施策を実施することができ、2ヵ月という短い期間で成果を出すことがでました。

今後は、今回成果の出た施策をフランチャイズ店舗のオーナー様にご理解いただき、施策を実施できるよう啓蒙活動を進めていきたいと考えています。

 

FTC株式会社とは

会社名:        FTC株式会社
設立:            1982年11月
代表取締役社長: 安藤 良一氏
資本金:               2000万円
所在地:       〒503-0023 岐阜県大垣市笠木町260-1
事業内容:      質屋及びリユースショップの運営 質屋及びリユースショップのSC(サポーティングチェーン)展開、かんてい局チェーン本部、リサイクルマートチェーン本部等
公式サイト:       https://www.ftcproject.co.jp/

 

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)とは

「日本の職人技と先端テクノロジーの融合」をコンセプトに、企業のWebマーケティングを支援。2005年の創業以来、クライアント企業のSEO施策、コンテンツ制作などの事業を展開。2013年からSEOプラットフォーム「ミエルカ」の自社開発を開始し、2015年リリース。国立大学法人豊橋技術科学大学との共同研究を皮切りに、明治大学などとも産学連携でWebマーケティング分野への人工知能の応用研究に力を注いでいる。
会社名  : 株式会社Faber Company
所在地  : 〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー23F(受付)
代表取締役: 稲次正樹、古澤暢央
資本金  : 1億円
設立   : 2005年10月24日
事業内容 : MIERUCA(ミエルカ)事業、コンサルティング事業、メディア事業、ミエルカコネクト(DX人材紹介)事業、DEKIRUCA(オーダーメイドDX研修事業)事業
公式サイト: https://www.fabercompany.co.jp/