ローカルSEOの定義・効果|地域での検索順位を上げるための考え方と具体的アプローチ

最近耳にすることが増えてきた「ローカルSEO」。

しかし、まだ国内では成功事例はあまり表に出ていないので、「対策したいけど何が正解か分からない」という方も多いのが現状です。そこでこの記事では、一般的なSEOとの考え方の違いや、ローカルSEOで上位表示を狙うための方法を解説します。

ローカルSEOの定義と役に立つ場面

まずはローカルSEOの定義や、ローカルSEOが役立つ場面について見ていきましょう。

ローカルSEO=「地域性が重要なキーワード」のSEO

ローカルSEOとは、ユーザーが特定ジャンルのキーワードを検索したときに、居住地や現在地などによって変わる、「特定の地域にフォーカスした検索結果」のなかで上位表示をねらうことです。

この「特定の地域にフォーカスした検索結果」は日常生活のさまざまな検索シーンに登場します。たとえば、「赤坂 ラーメン」や「眼科 赤坂」などのように、検索キーワード自体に地域名が入っていると、地域に特化した検索結果が表示されます。ユーザーが、“特定のエリアに絞った情報を知りたい”ことが明らかなので、検索エンジンもそれに合わせた結果を返そうとするからです。

また、もし検索するときに地域名が入っていなくても、地域に特化した検索結果が出ることもあります。具体的には、店舗やオフィスなど、“物理的に存在する場所に行くこと”がユーザーの目的(検索意図)になっているキーワードでは、検索エンジンが自動的に地域に特化した検索結果になります。先ほどの「ラーメン」「眼科」など、店舗や診療所を探しているようなキーワードは、「赤坂」が入ってなくても、地図と一緒に近くのお店が表示されます。

東京都港区赤坂にいるとき、パソコンで「ラーメン」と検索した結果。検索窓に地名を入れない場合、自動的に港区(=現在地よりやや広域)の情報が表示されます。

 

ローカルSEOの対象となるビジネスジャンル例



地域の情報(ローカル)をまとめて(パック)表示しているので「ローカルパック」。最近はローカルパックが、通常の検索結果よりも上に表示されるケースが増えており、ますます重要性が高まっていると言えます。

 

ローカルパックに表示される情報がますます重要に

そしてローカルパックをクリックしたとき、飛ぶ先はビジネスオーナーが制作・管理しているサイト(=ホームページ)には直接飛びません。

下のように、Googleマイビジネスに登録している情報(あるいはGoogleが独自に集めてきた情報)+地図が表示された画面に切り替わり、その中にあるボタンをクリックすると、やっとホームページに誘導されるのです。


1つ上のキャプチャ画面で、ローカルパックの1番上にある店舗名をクリックしたあとの様子。Googleが編集した情報と地図がまず表示され、ホームページに誘導するには青色ペンで囲った「ウェブサイト」をクリックしてもらわなければならない。

これは、ウェブで集客をするときに「自社のホームページだけでなく、Googleマイビジネスの入力情報、あるいはGoogleが自動で取得する情報に対しても感度を高めないといけない」と解釈することができます。

上の画面キャプチャを見て分かるように、ホームページに行く前に、ラーメンの写真や口コミ、営業時間や住所など、ある程度のことがGoogleの提供する情報だけで分かる(=人によっては、このページだけで事が足りる)ようになっています。

 

検索上位にローカルパックが頻出。何が変わる?

最近は特に、ローカルパックが通常の検索結果よりも上に表示されることが増えてきたように見えます。その最たる例が、飲食店と美容院、そして宿泊施設です。

ご存知の通り、これらのカテゴリは、同業の店舗・施設をまとめて紹介する大手メディアが検索の上位を占めていました。ですが最近では、ローカルパックのほうが上に表示されるケースが多くなっています。


「美容院」の検索結果。広告の直下、通常でいう「検索1位の場所」にローカルパックが表示されているので、美容サロンはローカルSEOの重要性が非常に高いジャンルの1つといえる。

ローカルSEOで、集客媒体に払っていたコストを軽減できるかも?

こう聞くと「ホームページ、集客媒体に加えて、ローカルパックの対策もしないといけないのか……」と感じる方も少なくないかもしれませんが、じつは良い面もあります。それは、これまで大手メディアに頼っていたウェブ集客のルールが変わることで、媒体掲載費を抑えることができるチャンスが生まれたことです。


当然ながら、集客媒体を経由して予約が入った場合、手数料が発生します。しかし、もしローカルパックを経由したユーザーから予約が入った場合は手数料がかかりません。ローカルSEOはたしかに手間が増えたと言えますが、うまく最適化すれば、これまで集客媒体に支払っていたコストを削減できるようになるのです。

 

地域検索で重要な「ナレッジパネル」

ローカルパックに加えて、もう一つ検索結果ページで重要な要素があります。それがナレッジパネルです。ナレッジパネルは、主に店舗名、施設名、会社名など、検索キーワードが固有名詞のときに表示されます。


ナレッジパネルは、検索結果ページの右側に縦に長く表示されます。

 

ナレッジパネルは、ローカルパックと同じように、以下のような特徴があります。

  • Googleが収集もしくは、Googleマイビジネスで入力したデータをGoogleが表示する
  • ユーザーは、ホームページを見なくても概要がつかめる

わざわざホームページに行かなくても施設の営業時間や住所、口コミ、さらにジャンルによっては予約方法や価格まで見ることができます。知りたいことがひと目で分かるので、ナレッジパネルは「ユーザーが最初に見るもの」として今後ますます重要になっていくでしょう。


赤坂周辺の企業・宿泊施設・商業施設の検索結果で表示されたナレッジパネル。業態によって表示される項目が自動的に変わるので、「Googleマイビジネス」などでできる限り網羅的に情報を入力しておくことが重要。


一方で、こちらもローカルパックと同様に、ホームページのSEOに加えて 最適化することが重要です。

MEOというものは存在しない

なお、巷ではMEOという言葉(Map Engine Optimizationの略とされています)がありますが、実際には存在しません。場合によってはスパム的な手法が実行されることもあるので注意しましょう。

ローカルSEO対策

ここまでローカルSEOの影響度や重要性について見てきました。では、店舗や施設を運営する立場として、どのように対策をしていけばよいのでしょうか。その具体的な方法について紹介します。

「Googleマイビジネス」のアカウント取得は必須

ローカルSEOの肝は、先ほど紹介したローカルパックとナレッジパネルです。

これらは「Googleが自動で収集・編集する」ものではありますが、その情報源になっているのが「Googleマイビジネス」(以下、GMB)です。GMBであなたの店舗・施設情報を管理することで、ローカルパックとナレッジパネルに正しい情報を載せることができるようになります。


GMBの管理画面。ここで営業時間や住所、施設(ビジネス)のジャンル、写真などを入力・管理する。アクセス数の測定などもできる。

GMBとは、Googleが無料で提供している店舗・施設情報のデータベースです。

  • Googleマイビジネスの登録ページ

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

たとえるならば、Facebookページの“Google版”といったところでしょう。ただしGMBの場合は、登録・管理している情報が、すべてのGoogle関連のサービスに連動する点が違いです。

ローカルSEOの重要性が増しているウェブ検索はもちろん、マップ検索(スマホのGoogle Maps、あるいはGoogle Chromeを使った地図・住所検索)に影響するので、GMBの情報が使われる範囲は広いと言えます。

あなたの店舗・施設のGMBを登録していない場合はどうなる?

GMBに登録していない場合でも、ローカルパックやマップ検索で、あなたの店舗・施設が表示されることがあります。その場合、以下のようなパターンが考えられます。

  • ウェブに詳しい顧客が、来店時などにあなたの店舗・施設の住所、営業時間、写真、口コミなどを登録した
  • Googleがグルメサイトなどから、住所や営業時間などの情報を収集した

正しい情報が掲載されていれば、上のようなことがあっても問題はありません。しかし、間違った店名や電話番号、さらには好ましくない写真や口コミ(誹謗中傷)などが載せられる場合もあります。

こうしたネガティブな理由も踏まえて、GMBのアカウントを自社で管理することは非常に重要です。

ちなみに…GMBでホームページも作成できます

なお、GMBではフォーマット化されたデータ登録に加えて、簡素ではありますがホームページも無料でつくることもできます。


同じGMBの管理画面から、簡単な操作でホームページが作成可能。

ここで作成したホームページは、GMBの「ウェブサイト」欄にURLを貼り付けておくことで、GMBからさらに詳しい情報を知りたいユーザーに見てもらうことができます。

 

GMBで意識すべき基本3項目

GMBのアカウントを取得したあとは、まずは自店舗・施設の情報を充実させましょう。通常のSEOと同じく、上位表示のためには「ユーザーに有益な(役立つ)情報」が鍵になります。

GMBにおいて重要なのは、「関連性」「距離」「知名度」の3項目です。Googleが公開している「ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み」を参考に、ポイント紹介します。

 

関連性

ユーザーが検索したキーワードに合致すればするほど、上位表示される可能性が高まります。ユーザーが検索するであろうキーワードを推測しながら、そのキーワードに紐付いた情報をGMBで登録しておくことが重要です。

距離

「赤坂」など、キーワードで指定された地名からの距離もローカルSEOでは重要なポイントの1つです。あなたの店舗・施設の近くにいるユーザーにアプローチをするためにも、GMBで適切な住所を登録しておきましょう。

知名度

知名度は、ウェブ上での知名度はもちろん、インターネット以外での知名度も加味されているようです。インターネット以外での知名度を高めるためには、ローカルSEOとは関係なく、有名店・施設になるための幅広い施策が有効になるはずです。

また、ウェブ上の知名度は、Googleによると「リンク」「紹介された記事」などで話題になっていることや、Google でのクチコミ数とスコア(平均の星の数)、そしてウェブ検索での順位によって判断されます。

そのため、良い口コミを集めることやこれまで通りホームページのSEO対策も重要であることは変わりません。

 

「NAP」の表記を統一させる

また、上記3項目に加えて「NAP」の表記を統一させることも重要なポイントです。NAPはName、Addressee、Phoneの頭文字を取った略語です。

店舗・施設の情報を外に出すときは、できる限りこれらの表記を揃えて露出させることで、同じ店舗に関する情報だとGoogleが判断しやすくなります。

  • Name
    • 店舗・施設名の表記を指します。たとえば店名の表記をアルファベット、カタカナのどちらかで統一させるなど、ルールをつくることが重要です。
  • Address
    • 住所の表記も揺れがないようにしましょう。たとえばビルやマンションの1室に入る場合、階数や部屋番号は「3階・3F」「106・106号室」など、書き方を予め決めておくことが大切です。他にも「3丁目2−1」なのか「3−2−1」なのかなど、細かい点にも注意を払う必要があります。
  • Phone
    • 電話番号も記載方法に注意が必要です。市外局番は「(03)」と「03」どちらなのかや、「03−1234」とするか「031234」とするかなどが気をつけるポイントです。

 

その他に意識すべき要素

レビュー(ネガティブ対策と数を増やす方法)

上で紹介した「知名度」にも関連しますが、GMBに良いレビューをできるだけ多く集めることがローカルSEOに貢献します。また、コメントにはできる限り返信をするなど、web上でも実店舗のように顧客とのコミュニケーションを意識すると良いでしょう。

「音声検索」対策

日本ではまだ普及しきってはいませんが、ボイスサーチ(音声検索)は検索において今後より大きなウエイトを占めていくと考えられています。

ボイスサーチの特徴は、ユーザーが単語ではなく口語で検索することが多く、その点が文字入力の検索とは違います。

ただし、Googleがあるページの一部を抜き出して結果を表示することや、表示されたページのタイトルと検索した言葉が一致することは少ない、という調査結果もあります。また、音声検索と相性が良いスマホでの閲覧しやすさを意識したサイトづくりが求められます。

支店・支社がある場合の運用

支店などがある場合は、GMBの管理方法についても考えておく必要があります。支店ごとにバラバラに管理されていることでNAPの表記が統一されないことや、紹介文や掲載する写真の質、コメントの返信ルールなどにばらつきが出てしまうケースもあります。

最後に

ウェブ集客には、これまで通りホームページのSEOが依然として効果を発揮します。しかし、ローカルパックやナレッジパネルが、通常の検索結果よりも目立つ位置に表示されることが今後さらに増えると予想できます。

そのため、ローカルSEOについても、まずはGMBにあなたの店舗・施設の情報を「正しく登録する」ことから始めてみてください。まずはローカルパックやナレッジパネルに、来客につながる情報が載るようにするのが第一ステップです。

また、ローカルSEOは比較的新しい分野ではありますが、「SEO=ユーザーの課題解決」だということは変わりません。裏技のようなテクニックではなく、ユーザーが店舗の情報や魅力を理解できるよう、GMBやホームページを充実させていきましょう。